神札【おふだ】は宮形によって納め方が違います。宮形が大きく扉が三つ以上の場合は、中央に伊勢大麻【いせたいま】(天照皇大神宮)、向かって右に氏神【うじかみ】(地域の神社)さま、左にその他の崇敬する神社の神札を納めます。扉が一つの場合一番手前に伊勢大麻(天照皇大神宮)、以下氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の順に奥へ納めます。厄祓や初宮詣(初宮参り)などで、神社から特にいただいた御祈祷神札【ごきとうふだ】なども神棚におまつりします。また、伊勢大麻や氏神(地域の神社)さま、その他の崇敬する神社の他にもいろいろな神社の神札を併せておまつりしてもかまいません。
 初めて神棚をおまつりする場合は、氏神(地域の神社)さまの神社などに依頼して、神棚の清め祓いと、今後の末長いご加護を祈願するご祈祷をして戴きましよう。




 神社神道は本来氏神信仰ですから、神社や地域により違いがあります。詳しくは氏神【うじかみ】様(地域の神社)にご相談下さい。

■家庭祭祀について


■道内の神社検索はこちらから



戻 る


(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。