北海道神社庁



〜コンテンツ〜


人生のまつり

■厄祓い

 厄年は古来災難が多く、行動や振る舞いは慎しむ年であるとされています。神社に参詣して、災を福に転ずるために厄祓をうけます。
 ところによって数え方は異なりますが、一般に厄年は数え年の男性25・42歳、女性19・33・37歳を本厄、その前後を前厄、後厄といいます。また、この他にも61歳の還暦を厄年とする数え方もあります。
 これらの歳を災の多い年とするのは、けして迷信ではなく、この頃がちょうど肉体的な変調や社会的な転機の時でもあるからで、災厄を祓い清め、気を引き締めて乗り切りましょう。


【戻る】