北海道の神社

北海道の神社

三里塚神社

所在地

004-0809

札幌市清田区美しが丘1条9丁目2番1号

011-811-1049

例祭日
9月15日
祭神
誉田別神(ほんだわけのかみ)
大山祇神(おおやまつみのかみ)
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)
社殿様式
流造
社殿面積
21坪(69.4㎡)
境内面積
442坪(1,460㎡)
氏子世帯数
1,600世帯
崇敬者数
4,000人

由来

当地域は札幌都心部より約12㎞隔てた東南地の丘陵地帯で、明治初年頃は地域全体に天然林が生い茂り、当時内地より開拓移住者が入植し立木を伐採し林業に従事の傍ら平坦地は畑に開墾、水源のあるところは、当時広島村島松沢の中山久蔵翁にならって米作をし農業と林業に鋤鍬を振った。高屋専太郎・北川徳兵衛・土門留吉・徳田廣太等が発起人となり、当時戸数40戸余の住民の安泰と職業繁栄守護を祈念し八幡大神(誉田別命)大山祇神を守り神として明治30年8月15日より毎年例祭を行ってきたが、町の発展に伴い昭和39年現在の社殿改築落成と同時に倉稲魂神を合祀し例祭日も9月15日に改め今日に至っている。

周辺地図