北海道の神社

北海道の神社

名寄神社

所在地

096-0063

名寄市字緑丘1番地

01654-2-3289

01654-2-5901

例祭日
8月5日
祭神
天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
大國御魂大神(おおくにみたまのおおかみ)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
旧社格
郷社
社殿様式
神明造
社殿面積
70坪(231㎡)
境内面積
6,075坪(20,047.5㎡)
氏子世帯数
11,941世帯
崇敬者数
5,100人
交通機関
JR名寄駅より徒歩15分、車で3分、市内循環バスの便あり

由来

 明治35年、山形相馬、越中よりの移住者が現在の西1条北1丁目辺に創祀と伝えられる。大正5年現社地に社殿を建立し、同6年名寄神社として創立の許可を受ける。大正6年村社、大正11年郷社。昭和21年6月宗教法人設立 昭和22年名寄神社奉賛会結成。昭和35年御鎮座60年記念事業として現社殿造営(鉄筋コンクリート)。昭和55年御鎮座80年記念事業として現斎館・社務所・駐車場を建築 昭和60年神輿殿・授与所を建築 平成3年御鎮座90年記念事業として石玉垣・裏参道新設及大鳥居を建立。平成7年上川神社より神楽殿を譲り受け移設する。同年9月には、名寄稲荷神社を境内に移設した。

境内外末社

喜多天神社(きたてんじんじゃ) 菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
稲荷神社(いなりじんじゃ) 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

周辺地図