北海道の神社

北海道の神社

嚴島神社

所在地

088-0304 

白糠郡白糠町岬1丁目1-1

01547-2-2712

01547-2-5212

例祭日
7月25日
祭神
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
旧社格
村社
社殿様式
神明造
社殿面積
21坪(69.3㎡)
境内面積
905坪(2,326.5㎡)
氏子世帯数
4,600世帯
崇敬者数
3,000人
御朱印
■御朱印受付 : 常時
■受付時間  : 09:00~17:00
■兼務社の御朱印 : 音別神社の御朱印を受付しております。
■その他 : 宮司不在時は書置き対応となります。
交通機関
JR白糠駅より徒歩10分

由来

由緒】
 文化年間(1804~1818)に安芸の厳島神社の分霊を勧請して鎮座したと伝えられている。当時すでに岩船明神・三十番神・稲荷明神を合祀した弁財天社もありかなり古い歴史を持つ。村社厳島神社は今次大戦終了とともに社格を失い、21年宗教法人令により宗教法人厳島神社となるが、26年の宗教法人法の公布・施行により昭和28年3月30日付認証、宗教法人厳島神社となり今日にいたる。この間明治40年8月22日に社殿を改築し昭和13年12月28日にも又昭和57年10月28日にも社殿を改築している。

周辺地図