北海道の神社

北海道の神社

岬神社

所在地

097-0026

稚内市ノシャップ2丁目375番地

0162-22-2944

例祭日
7月5日
祭神
大綿津見神(おおわたつみのかみ)
社殿様式
流造
社殿面積
10.5坪(34.02㎡)
境内面積
764坪(2522㎡
氏子世帯数
200世帯
交通機関
JR稚内駅より宗谷バス、ノシャップ行終点下車

由来

往昔ノシャップ沖合は宗谷往復船の難所として有名であり、文政のころ会所前に来た弁財船がノシャップ岬に差しかかった時、突然大時化となり幾本となく投錨したが切れて流失、残る1本を命の綱として2夜3日事無きを得た。其の錨を引揚げると錨の爪に円形50貫余りの石がしっかり食いついて揚って来た。この霊石のお陰で助かったのだと海浜に小社を建立、大綿津見神を奉斎。岬神社と称し豊漁の神、海の護り神として祀られた。天保3年、天保6年に石鳥居の寄進があった。昭和37年9月開基百三十年記念として神殿改築落成および天保年間の石鳥居修復、社碑、境内玉垣、唐獅子、灯籠、手水舎の寄進があった。平成10年6月25日、本殿・拝殿改築。

周辺地図