北海道の神社

北海道の神社

川上神社

所在地

041-0802

函館市石川町261番地

0138-41-5467

例祭日
7月24日
祭神
素盞鳴命(すさのおのみこと)
社殿様式
流造
社殿面積
11.5坪
境内面積
433坪
氏子世帯数
504世帯
交通機関
JR五稜郭駅下車、車で15分

由来

 永禄5年、河野加賀守深く尊信す。その後、天正3年7月加賀守の舎弟最勝院社殿を再建し後再勝院の孫民弥に命じて、安政4年3月、旧幕府箱館奉行村垣淡路守より、川上神社社殿造営料金10両を下渡されるに際し、現在地字宮ノ下に奉遷する。明治9年、村社に列せられ爾来鎮守の神として祀られて来たが、村の発展遅々として戸数僅か50戸余りにて神社の維持経営困難になり、明治44年、隣村なる桔梗比遅里神社に合祀される。しかし村民の大神を尊崇する念厚く、昭和12年社殿を再建し、再び村の鎮守として奉遷祭祀を続けて来た。昭和49年5月15日付で宗教法人川上神社を設立、神社本庁所属となる。

周辺地図