北海道の神社

北海道の神社

本別稲荷神社

所在地

041-1404

茅部郡鹿部町字本別210番地

01372-7-3346

例祭日
9月21日
祭神
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
社殿様式
流造
社殿面積
35坪
境内面積
約300坪(991.46㎡)
氏子世帯数
240世帯
交通機関
JR鹿部駅下車、函館バスで本別神社前下車

由来

 創立については詳かではないが文化11年9月10日漁業者の1人高橋惣ヱ門氏が南部より渡り、本別地区に於いて漁業を営みその際漁業守護神として社殿を建立した。その後嘉永3年7月頃になり地区戸数も約60戸となり同年8月社殿を新築し本別地区の守護神として祭典を行う。明治24年戸数も130戸となり伊藤源吾翁が私財を投じて社殿を再建。明治5年5月7日には伏見稲荷大社に懇願をし御分霊璽を仰ぎ御祭神として鎮座、村内安穏家運隆盛、海上安全、五穀豊穣等の祈願社として今日に至る。昭和27年9月社殿も相当破損しているので伊藤源吉氏等8名が委員に挙げられ地区の寄付を仰ぎ大修繕を行うが昭和29年9月26日未曾有の台風15号に依って全壊したが、同30年9月20日に再建、11月末日に竣工12月23日御遷座奉祝の祭典を挙行する。その後、社殿腐朽により全面改築をし、流造の社殿を建立し、平成13年10月28日に遷座祭を斎行し現在に至る。

特殊神事

松前神楽

周辺地図