北海道の神社

北海道の神社

東裏神社

所在地

061-0213

石狩郡当別町東裏2554番地

01332-3-2546

例祭日
9月7日
祭神
神武天皇(じんむてんのう)
社殿様式
神明造
社殿面積
11.2坪(37.2㎡)
境内面積
1,229.73坪(4,099.1㎡)
氏子世帯数
110世帯
崇敬者数
300人

由来

明治29年大江彦次郎が土地を寄附し東裏殖民神社として神武天皇を奉斎し、4月3日・9月7日を例祭日とする。
昭和43年社殿を改築。大正5年より後藤玄良が祭祀を行い、東裏神社と命名する。昭和55年老朽と坪数の不足の為、91戸より2400万円を募金造営する。