北海道の神社

北海道の神社

沼田神社

所在地

078-2205 

雨竜郡沼田町北1条5丁目1番71号

0164-35-2659

0164-35-2659

例祭日
9月10日
祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
旧社格
郷社
社殿様式
神明造
社殿面積
38坪
境内面積
4,300坪(14,190㎡)
氏子世帯数

【氏子世帯数】 
崇敬者数
10人

由来

明治27年、沼田喜三郎氏が郷里(富山県)から18戸の移住者を勧誘し、達布原野に入地した時、郷里から捧持してきた伊勢神宮の御分霊を笹茸き小屋に奉斎、翌28年開墾委托株式会社所在地に小社を建立、開拓の守護神として奉祀した。その後開拓事業は年とともに進捗、明治36年開墾委托株式会社が沼田高台に移転、同時に新社殿を建立して東龍神社となった。明治41年沼田市街地に移転、越えて昭和7年沼田神社の創立許可、同9年社殿を建立して現在地に遷座、同12年拝殿建立、同15年村社に列格、また昭和19年11月には郷社に昇格した。尚、昭和43年開道100年、明治100年を契機に、沼田町開拓の祖、沼田喜三郎翁の業績を讃え、境内地に沼田町開拓社を造営し『沼田喜三郎翁命』を祭神として奉斎している。平成6年9月には御創祀百年臨時大祭を斎行。百年事業で開拓社鞘殿を造営。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
真布神社 天照大神 明治45年創祀 平成6年12月3日合祀
 

社宝等

書(3)「夜高あんどん由緒」「ようたか節」「上り物由緒」

周辺地図