北海道の神社

北海道の神社

潮見ケ岡神社

所在地

047-0001

小樽市若竹町1番10号

0134-22-8230

0134-22-8230

例祭日
6月5日
祭神
保食神(うけもちのかみ)
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
天香語山神(あめのかごやまのかみ)
藤原三吉神(ふじわらのみよしのかみ)
旧社格
村社
社殿様式
神明造
社殿面積
35坪
境内面積
668坪
氏子世帯数
1,500世帯
崇敬者数
30人
交通機関
小樽駅前より桜町行バス若竹町下車

由来

 天保13年小樽市マツトマリ(現若竹町)の保食神を祀る1社に明治7,8年頃付近に鎮座していた八重事代主神を合祀。文久3年カツチナイ(現勝納町)に保食神を祀る一社が創立し明治43年12月27日この2社を合祀し穂垂稲荷神社と社名を改称して無格社となる。大正5年9月19日崇敬者の希望により天香語山命・藤原三吉神を合祀、大正6年に明治44年8月の皇太子殿下御巡啓港内巡覧の際の御乗船屋形が下付され、記念として原型のまま保存することとし大正殿と称した。同8年汐見台町官有地境内地に本殿造営が許可され6月26日に竣功を届け出、7月4日に遷座される。翌9年10月手宮裡町稲荷神社が社名を小樽稲荷神社と改称したことにより、穂垂が小樽《ほたるをたる》と同訓となり不都合であったので大正13年4月潮見ケ岡神社と改称する。昭和18年11月28日社殿を造営、昭和21年11月21日村社に昇格する。

特殊神事

松前神楽

周辺地図