北海道の神社

北海道の神社

琴似神社

所在地

063-0811

札幌市西区琴似1条7丁目1番30号

011-621-5544

011-621-2995

例祭日
9月4日
祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
武早智雄神(たけはやちおのかみ)
土津霊神(はにつれいしん)
旧社格
郷社
社殿様式
神明造
社殿面積
76坪
境内面積
3,890坪
氏子世帯数
45,000世帯
崇敬者数
70,000人
交通機関
地下鉄東西線琴似駅下車徒歩5分、JR琴似駅下車徒歩10分

由来

 明治8年北海道開拓使最初の屯田兵として琴似に入植した240戸の人々は旧亘理藩(宮城県)藩祖伊達藤五郎成実公の遺徳を敬慕して武早智雄神と尊称し、御神徳を北海道開拓の上に顕彰するため武早神社と号し創建した。明治30年その鎮座地を山の手5条1丁目に移し、神祠を移築して本殿とし、更に幣殿、拝殿を造築した。明治44年に大国主大神を御増祀。大正4年、現在の御鎮座地に遷座し、郷社と認定される。紀元二千六百年を記念した境内の大改修と共に昭和42年、諸施設整い、伊勢神宮の特旨を仰いで同年10月28日特別神璽を拝受、両宮の神々を御増祀、更に平成6年旧会津藩(福島県)藩祖保科正之公、土津霊神を御増祀、大先祖の神々の民族生成発展の御理想を欣仰いたしている。

社宝等

神服、神剣(3)
琴似屯田兵屋(道指定・明治6年建設)
その他 札幌市指定樹木 

境内外末社

安全神社(あんぜんじんじゃ) 天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)
報徳神社(ほうとくじんじゃ) 大国魂神(おおくにたまのかみ)
御門山琴似天満宮(みかどやまことにてんまんぐう) 菅原大神(すがわらおおかみ)
祖霊殿(それいでん) 神社物故功労者

周辺地図