北海道の神社

北海道の神社

遠軽神社

所在地

099-0406

紋別郡遠軽町宮前町2番地30

0158-42-2774

0158-42-2927

例祭日
9月18日
祭神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
建速須佐男命(たけはやすさのおのみこと)
品陀別命(ほんだわけのみこと)
建御加豆智命(たけみかずちのみこと)
旧社格
村社
社殿様式
神明造
社殿面積
75坪(247.5㎡)
境内面積
1521坪(5019.3㎡)
氏子世帯数
7500世帯
崇敬者数
18000人
交通機関
JR遠軽駅より徒歩5分、北見バス会社下車徒歩10分

由来

明治26年、湧別原野が開放され、農民が移住してくる。明治35年、北海道同志教育会が私立大学を創設する目的で開かれた町である。明治37年、ナラの木の尺角のくいを建立し、日露戦争の戦勝祈願を行った。大正5年、3.3㎡の神明造り神殿を建立し、現在の祭神を奉斎した。大正9年、川村喜作が白滝村から来住し初代社掌に就いた。大正13年7月17日、内務省から遠軽神社創立の認可を受け、大正14年10月13日、村社に列せられる。昭和8年2月、川村社掌死亡の為、照井幸助を2代目社掌として迎える。昭和15年、紀元二千六百年記念事業として、工費71000余円を以って社殿を改築造営し、同年11月23日に竣工する。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神。
平成16年、御創祀百年記念事業として本殿改修工事を行う。
平成17年、本殿に引き続き社務所を新築。

周辺地図