北海道の神社

北海道の神社

雄武神社

所在地

098-1702

紋別郡雄武町字雄武1485番地

0158-84-2656

0158-84-2654

例祭日
7月17日
祭神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
旧社格
村社
社殿様式
神明造
社殿面積
34坪
境内面積
2091坪
氏子世帯数
2120戸
崇敬者数
5000人
交通機関
JR名寄駅より北紋バス雄武停留所下車

由来

雄武神社の創立は明治18年青森県人が雄武に来住しオホーツク海に於て漁場を経営するに当りて海浜を一望する丘に小祠を建て豊漁を祈願したことに始まる。昭和10年に村民各位の力に依り今の地に社殿を建立して雄武の町の産業である林業・漁業・酪農業の発展を祈願致し敬神崇祖の観念を涵養するために我が国民の斉しく尊崇敬仰する天照皇大神を主神とし、又雄武の発祥の古きより祀る市杵島姫神を配神として民心の緩和を図り、村内の発展を祈らんとして昭和11年に現在地に神社を建立した。

周辺地図